ホリスティックキュアドライヤー【クレイツ×ホリスティックキュア】

ホリスティックキュアドライヤー【クレイツ×ホリスティックキュア】

メーカー

 ホリスティックキュアーズ(クレイツ)

値段

 22,000円(税抜)

 24,200円(税込)

発売日

 2016年12月

特徴(効果)

○遠赤外線(テラヘルツ波)

○「ブラシレスDCモーター」で速乾ドライ

○超軽量

仕様

型番CCID-P01B
電源100VAC
消費電力1500W(HIGH)/700W(LOW)
 冷風:70W(HIGH)/50W(LOW)
仕上加工キュアクリスタル加工(本体内部・ディフューザー・ノズル)
サイズH240mm / W230mm / D75mm(ノズル除く)
重さ405g(コード・ノズル除く)
電源コードの長さ3.0m
生産国韓国
海外使用×

ホリスティックキュアドライヤーのここが良い

ドライヤーマニアの感想

(※あくまでも個人的な感想です。)

さてここからは、「ドライヤーマニア美容師」による口コミレビューを開催致します!!

まずはこのドライヤーのメリット(特徴)をご紹介!

①初代ホリスティックキュアドライヤー

2020年5月現在、ホリスティックキュアドライヤーには3つの種類があります。

新しい順に、

【ホリスティックキュアドライヤーRp】

【ホリスティックキュアモイスト】

そして今回ご紹介している【ホリスティックキュア】です。

実はこのドライヤーが記念すべき初代【ホリスティックキュアドライヤー】なんです!

元祖ホリスティクキュア ですね!!

②育成光線(テラヘルツ波)

ホリスティックキュアシリーズは、どのドライヤーも

【育成光線(遠赤外線)】テラヘルツ波を放射しています。

中でも、1番初めに発売されたこの「ホリスティックキュアドライヤー」は

育成光線ドライヤーとしては、かなり早くから発売されていました!!

高性能ドライヤー、育成光線ドライヤーブームを牽引して来たドライヤーと言っても良いのではないでしょうか?

もう発売から3年半も経ったのかぁ。。。

(時が経つのは早いですね。笑)

③「BLDCモーター」搭載でハイパワー&耐久性◎

【ダイソン・スーパーソニック】

ダイソンスーパソニック

【ヤーマン・ヴェーダブライト】

ヴェーダブライトBS for salon【ヤーマン】

そしてこの

【ホリスティックキュアドライヤー】

このドライヤー達に共通している事があります。

それは

【ブラシレスDCモーター】を使用しいているという事です。

このモーターかなりパワフルです。

さらに、一般的なモーターより60倍も長持ちと言われています。

掃除機や扇風機が有名なダイソンさんも使ってるとしたら間違い無いですね笑

④超軽量だけど超速乾

僕が、初めてホリスティックキュアドライヤーを持った時の感想は

「軽ウゥーーーー」でした

(ページ後半になってくると、段々とふざけ始めますがご了承ください。笑)

本当に軽くて持ってるかどうかも忘れるくらいでした。

(それは盛りすぎました。w)

その頃全盛期だった「レプロナイザー3D-Plus」と比べてもかなり軽かったという事を3年半経った今でも覚えています。

懐かしいい。。。

当時の2大ドライヤーを比較してセレブみたいですね。。。

ホリスティックキュアドライヤーのここが気になる

ドライヤーマニアの感想

(※あくまでも個人的な感想です。)

メリットもあればデメリット気になる点もあります。

そこも包み隠さず書くのが、このブログのモットーです。

①ちょっと温度が高い(熱い)

【ホリスティックキュアドライヤー】

軽くて本当に良いドライヤーです。

ただ、個人的に1つだけ気になるのは温度の高さです。

確かに乾くスピードは速くなりますが、

気を付けて使わないと熱ダメージになってしまう可能性もあります。

次に発売された白い「モイストタイプ」はもう少し温度が低くなっています。

熱の高さが気になる方はこの【モイストタイプ】

または他の【低温ドライヤー】から選ぶのも良いでしょう。

まとめ

高性能ドライヤーブームを盛り上げたドライヤー

【ホリスティックキュアドライヤー】

現在は、その進化版ともいえるドライヤー

「ホリスティックキュアドライヤーRp」が大人気です!!

是非こちらのページもチェックしてください↑↑

ドライヤーポイント

ドライヤーポイントとは?

ドライヤーマニア美容師の完全なる独断と偏見でドライヤーの性能を判断し、100店満点でポイントを付けると言う企画です。

※あくまでも個人的な感想です。

ドライヤーポイントはあらゆる判断基準で判断しています。

例えば、

 

○育成光線の有無

○温度管理(低温・自動温度調整機能など)

○デザイン(シンプルにカッコ良いか)

○値段(コスパ)

○重さ(大きさ)

○風量(早く乾くか)

○仕上がり(しっとり具合)

○ワット数(大きすぎてもダメ、風が弱すぎてもダメ)

○購入のしやすさ

○その他効果(海外使用など)

 

このような項目を総合的に見て、最大100点で得点を付けていきます。

 

【ホリスティックキュアドライヤー】

 

ドライヤーポイントは。。。。。

 

80/100点

 

※あくまでも個人的な見解です。笑

 

ネットショップ

ホリスティックキュアカテゴリの最新記事